株式会社CTS 〒463-0042 愛知県名古屋市守山区野萩町3番13号 TEL:052-799-4890

中部テクノロゴ 電話番号052-799-4890
株式会社CTS トップページへ 株式会社CTS会社概要 株式会社CTS 取扱い商品 株式会社CTS リクルート 安心サポート


イメージ写真
改正フロンガス法についてタイトル

改正フロン類法が施工され、業務用冷凍空調機器の管理者(使用されるユーザー様)に責務・役割が定められました。



機器の適切な場所への設置、使用環境維持保全、点検・記録・報告は義務となります。

※一定容量以上の機器は、有資格者による点検が必要です。






規制強化ポイント

1.全ての機器の簡易点検・記録簿の記載(3ケ月毎)が義務付けされます。


(一定規模以上の大型機器※1は、専門家の定期点検(年一回以上※2)が必要)

2.機器へのフロン類の充填は修理後が原則となります。

3.多量※3にフロン類を充填した場合は、国に報告する必要があります。
注)機器管理が著しく不十分な場合、知事の指導・命令、罰則(50万円以下)対象となる事があります。
※1: 圧縮機の出力が7.5Kw以上の機器。
※2: 圧縮機の出力が7.5Kw〜50Kwのエアコンは3年に一回以上。
※3: 事業者全体でのフロン類の算定漏洩量が、各年度1,000CO2-トン以上の場合。



管理者に求められる、責務とは?

管理している全ての第一種特定製品について、次の3点を順守する義務があります。

点検



点検種別 対象機器 規 模 点検頻度 点検内容
簡易点検 全ての機器 3ケ月に1回以上 目視確認による、機器の異音、異振動、腐食損傷、熱交換器の霜付、他
定期点検
※有資格者が実施
空調機器 50Kw 1年に1回以上

1.目視確認など
2.間接法:機器の運転状況記録から

     判断
3.直接法:発泡液や蛍光剤で確認
※蛍光剤の成分によっては不具合が生じる場合があります。

7.5〜50Kw 3年に1回以上
冷凍・冷蔵機器 7.5Kw 1年に1回以上






HCFC(R22冷媒等)の国内生産 削減・全廃のお知らせ!

現在お使いの空調機器、冷凍冷蔵機器の特定フロン規制、ご存知ですか?
今まで使われて生きた「R22冷媒」は2020年までに全廃となります。


全廃期限まであとわずか・・・入替のご決断はいつですか!?

代替フロンはオゾン層破壊係数が「0」のHFCフロンと呼ばれる冷媒ガスが登場。

 ※規制されるフロン類は、「R12」「R22」「R123」「R502」です。

規制されるフロン類は、「R12」「R22」「R123」「R502」です。

みだりにフロン類を放出すると50万円以下の罰金又は1年以下の懲役に処されます。(法第38条、法第55条)



改正フロン排出抑制法に関するリンク

 ■ 一般財団法人 日本冷媒・環境保全機構

  ・「簡易点検」の動画をご覧頂けます。 ※新規ウィンドまたはタブで開きます。
  ・「情報処理センターの利用」の動画をご覧頂けます。 ※新規ウィンドまたはタブで開きます。
  ・簡易点検の手引き[PDF]
  ・GWP値一覧[PDF]

  一般社団法人 日本冷凍空調設備工業連合会

  ・漏えい点検整備記録簿(フロン排出抑制対応について)[PDF]
  ・冷凍空調機器をお使いのお客様へ→ フロン漏えい点検が義務化されました[PDF]
  ・フロン排出抑制でこうなる[PDF]

  一般社団法人 日本冷凍空調工業会
  ・経済産業省と環境省からの注意喚起 → 経済産業省・環境省の指示と騙(かた)る勧誘にご注意

  経済産業省
  フロン排出抑制法ポータルサイト
  環境省


求人に関するお問合せ

総合設備・施工

総合設備・施工
プレハ×氷感
大風量気化式冷風器hailan ハイラン
ジョキンメイト
エコロングセブン
点検ワンポイントアドバイス
フロン排出抑制法について

総合設備・施工







HOME会社概要安心サポートリクルートお問合せ
取扱い商品プレハブ冷凍冷蔵車庫Steril KeeperPrefa×氷感HaiLan ハイランジョキンメイト
点検ワンポイントアドバイス改正フロン法について

株式会社中部テクノ

Copyright CHUBU TECHNO Co.,Ltd. All rights reserved.
お問合せフォームへ